Zabbix Proxy インストール手順【ver 3.5編】

《ガイド》

  • Zabbix Proxy が動作する OS なら種類は問いません。本手順は CentOS/Red Hat Enterprise Linux の場合の手順を記述しています。
  • 各コマンドの操作は root 権限で実行しています。一般ユーザーや sudo による実行などお客様の環境に併せて読み換えて進めてください。
  • Zabbix Proxy のデータベースは SQLite の場合の手順です。MySQL または PorstgreSQL の場合はお客様にて個別対応してください。
  • 文字色の意味は以下のとおりです。
    緑色:そのまま実行するコマンド    青色:そのまま記述する設定値    赤色:お客様環境に応じた値を記述してください 

《Zabbix Proxy が動作するOS》

  • Linux(CentOS、Red Hat Enterprise Linux)
  • Solaris、IBM AIX、HP-UX
  • FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、Mac OS X

 

■ 手順

 

STEP01.OS基本設定

  1. ホスト名の設定
    # hostnamectl set-hostname <任意のホスト名>
  2. タイムゾーンの変更
    # timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
  3. SELinuxの無効化
    # vi /etc/selinux/config
    
    SELINUX=disabled
  4. IPv6の停止
    # vi /etc/sysctl.d/disable_ipv6.conf
    
    net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
    net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
  5. 不要サービスの停止
    # systemctl stop firewalld
    # systemctl disable firewalld
  6. OS再起動
    # reboot

 

STEP02.Zabbix Proxy インストール

  1. Zabbixパッケージのリポジトリをインストール
    お申し込み後にお送りしているメールに記載されている提供Zabbix Serverと同じバージョン番号のRPMパッケージをインストールします

    # rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.5/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.5-1.el7.noarch.rpm 
  2. Zabbix Proxy パッケージをインストールします。
    # yum install zabbix-proxy-sqlite3

 

STEP03.データベース保存先ディレクトリの作成

  1. データベースを保存するディレクトリを作成します。
    データベースファイル自体は後続処理で自動的に生成されるためここでは作成する必要はありません。

    # mkdir /var/lib/sqlite3
    # chown -R zabbix:zabbix /var/lib/sqlite3

 

STEP04.Zabbix Proxy 設定

  1. zabbi_proxy.conf の変更

    # vi /etc/zabbix/zabbix_proxy.conf
    
    プロキシー動作モード
    ProxyMode=0
    
    Zabbix Server のアドレスに変更
    ※お申し込み後にメールで通知しているサービス番号を入力してください
    Server=<サービス番号>.cloudkanshi.com
    
    Zabbix Proxy の登録名
    ※Zabbix Server側と名前が一致する必要があります。理由がなければ以下の名前は変更しないでください。
    Hostname=ZabbixProxy01
    
    SQLite データベースのファイルパスで記述
    DBName=/var/lib/sqlite3/zabbix-proxy.sqlite3

 

STEP05.通信の暗号化

Zabbix Server(当社クラウド)~ Zabbix Proxy(お客様環境)間の通信を暗号化します。

  1. zabbi_proxy.conf の変更

    # vi /etc/zabbix/zabbix_proxy.conf
    
    TLSConnect=psk
    TLSAccept=psk
    TLSPSKIdentity=<サービス番号>
    TLSPSKFile=/etc/zabbix/zabbix.psk
  2. zabbix.psk ファイルの保存
    お申し込み後にメールに添付しているPSKファイルを指定ディレクトリ配下に保存してください
    保存場所: /etc/zabbix/zabbix.psk

 

STEP06.Zabbix Proxy サービス起動

  1. サービスを起動
    # systemctl start zabbix-proxy
  2. OS起動時にサービス自動起動
    # systemctl enable zabbix-proxy

 

STEP07.Zabbi Agent のインストール

Zabbix Proxy は以上で動作しますが、続けて Zabbix Proxy 自身にもエージェントをインストールしておきます。

  1. Zabbix Agent のインストール
    # yum install zabbix-agent
  2. 設定変更
    # vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
    
    Zabbix Proxy 自身が持つIPアドレスを記述
    Server=<Zabbix Proxy のIPアドレスまたはFQDN>
    ServerActive=<Zabbix Proxy のIPアドレスまたはFQDN>
    
    Zabbix Proxy のホスト名を記述
    Hostname=ZabbixProxy01
  3. Zabbix Agent のサービス起動
    # systemctl start zabbix-agent
    # systemctl enable zabbix-agent

 

以上